FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教えていただきました!

芸術家7人展も、残すところ5日となりました。
今回は~彫金~について、宮入鏡先生に以前いただいた、書き物より抜粋してご紹介します。
⬇黒味銅(くろみどう)金銀彩飾箱「山河」

⬇黄銅(おうどう)香炉

素地に銅と黄銅四分一赤銅等の合金や銀を使い、接合で箱にしたり打ち物で壷形を作ってから文様を描き写し、掘り進めます。道具は鏨(たがね)で先を刃にしたものや丸みのある打ち鏨と、荒し用等、毛彫り・蹴り彫り・透かし彫り・高肉彫り・象嵌(ぞうがん)等の技法により、大小数多くの鏨を使います。
文様が終わったら、金銀鍍金をしたりして、仕上げます。鍛金彫金の技術を組み合わせての手作業です。
とのこと。
また、彫金を始めたきっかけについては、
刀工である父の影響が強いのですが、仕事に打ち込んでいる姿を間近に見られたことを一番感謝しています。
とおっしゃっています。
まだまだたくさんの有意義なお話しがあるのですが、そちらはまたの機会にご紹介させていただきます。
とりあえず作品をあと2点程UPします。
⬇黒味銅金彩線象嵌飾箱

⬇黒味銅花入れ


日本の素晴らしい金属工芸品を見に来てください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetuhoso

Author:tetuhoso
鉄の展示館にいるよ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お客様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。